お役立ち情報

CFってなに?意外と知らないリフォームで使われる床材について

リフォーム床材のクッションフロア(CF)

リフォームをして雰囲気を変えたいと思っている人もおられると思います。

リフォームをすることで、オフィスであればさらに仕事のモチベーションを向上させることもできます。

リフォームは最近頻繁に行われていますが、リフォームをする際に使用される素材について知っておくことは大事になります。

リフォームの際に使われるCFと言われる床材はどういうものか紹介していきたいと思います。

CFとは何か?

リフォームを行う際に「CFシート」と言われる単語を聞くことがあると思いますが、これはビニール系床シートの1種になります。

クッションフロアとも言われますが、多くの機能的側面を持っており、汚れにくくて防汚性や断熱性、衝撃吸収、防音性、防水性などの機能があります。

抗菌性に優れたクッションフロアも存在しており、いろいろな場面で使用されています。

このCFシートは防水性や防汚性の観点から、トイレやキッチンなどの水回りに使用されることが多かったですが、多機能な面が注目されるようになってからは、家の中のいろいろな床素材として注目されるようになりました。

その中でも、ペット対応のクッションフロアと厚手のクッションフロアがあります。

ペット対応のクッションフロアであれば、消臭や頑丈さ滑らないなどの機能に特化しているので、犬を室内で飼っている人も安心できます。

また、厚手のクッションフロアでは、3.5mmほどの厚さを持っており、衝撃をかなり和らげてくれます。

小さな子供や高齢者のいる家であれば、転んで怪我をすることを防ぐこともできます。

また、CFシートの様々は柄が生まれるようになっており、ホワイトマーブルやブルーアイボリー、カフェスタイル、ストーン、ウッドなどいろいろなスタイルで販売されるようになっています。

手軽に張り替えをすることができる床材ともなっており、価格見安いことから使いやすい床材になっています。

フロアタイルとの違いはあるのか

床材にはフロアタイルもありますが、CFとは塩化ビニールでできた素材という点では同じになります。

主な違いは厚みと耐久性とテクスチャー、そして価格となっています。

厚みの観点から見ると、クッションフロアは1.8mm前後でクッション状になっています。そのため、フカフカした柔らかい踏み心地を感じることができます。

フロアスタイルの場合は2.5mm前後の厚みでできており、しっかりとした踏み心地になっています。

耐久性で言うと、フロアスタイルは土足歩行の店舗の床仕上げ材にも採用されているので、、CF床材よりもフロアスタイルの方が耐久性に優れています。

表面もクッションフロアよりも凹凸がしっかりしており、角ばった感じになっています。

テクスチャーに関して言えば、フロアスタイルの方が厚みと硬さがあるので、より本物に近いテクスチャーを表現しています。

貼るときの工程に関して言えば、扱いやすいのはクッションフロアになります。

クッションフロアはクロスのようにロール状になっているので、広げるだけで貼っていくことができます。

フロアスタイルは1つ1つを並べていく必要があるので、手間がかかってしまいます。

手間がかかってしまうため価格もフロアスタイルの方が高くなっています。

クッションフロアであれば、張り替え工法で1畳2万円ほど、重ね張り工法で1万円ほどになりますが、フロアスタイルであれば張り替え工法で4万ほど、重ね張り工法で3万ほどになっています。

クッションフロアとフロアスタイルには、このような違いがあります。

CF床材の張り替え時期は

クッションフロアは機能的に耐久性もあるため、長く使い続けることができますが、もちろん永久的に使い続けることができるわけではありません。

長く使用していると張替えが必要な時期は必ず来るので、その点について理解しておくことも大事になります。

クッションフロアの寿命は大体10年から15年ほどと言われています。

もちろん目安であるため、それよりも短くなることもあります。

クッションフロアの状態としては、変色している、汚れが取れない、割れている、剥がれやすくなっていないか、違和感を感じないか、と言う点がポイントになります。

そして、クッションフロアを張り替える必要性が生じた場合は、重ね張りか張り替え工法で行います。

重ね張りの方が費用は安く済むことができるので、価格で言えば重ね張りが良いのですが、下地の状態が悪ければ重ね張り重ね張りを行うことができないので、床の状態を確認してから張り替え工事を決定する必要があります。

張り替え工事の工程は現存の床を剥がしてから、下地を造作していき、クッションフロアを張っていきます。

その後に巾木を取り付ける作業を行い、後片付けとチェックになります。

工事は早ければ1日で完了することができます。

リフォームの際にCF床材を使用したいならば、ぜひ行ってみてください。

PAGE TOP